BRM参加について

BRM参加について (2016年11月6日 一部更新)

運用規則はBRM規則に準じます。BRM規則については、Audax-Japanの記載を参照して下さい。BRM参加者はBRM規則を熟読し理解をしているという前提で、各BRMは運営されます。
以下では、現在の参加条件について主な点を説明しています。詳しくはAJのHPをご覧ください。

1、Audax Japanに会員登録をしなくてもブルベに参加することが出来ます。

2、保険について 
BRMに参加するためには、賠償付き保険加入が絶対条件になります。保険未加入者は参加できません。
AJや各認定受託窓口、クラブが保険会社に対して確認することはありませんし、責任も負いません。
クラブまたはBRM認定受託窓口は参加者ご自身で加入される保険の取次、仲介などは一切行いません。

3、距離に応じた認定の順次について
2006年から短い距離のブルベから順次認定を取得する日本の国内ルールはなくなりました。
基本的に、お好きな距離のブルベから参加できます。ただし、初参加者は200kmから走っていただくよう、認定の順次取得を強く推奨します。

4、認定手数料について
BRM毎に認定手数料の設定があります。一度入金された認定手数料は返金はありません、またDNSされても同様です。

5、宣誓書
BRMに参加する際には、宣誓書をプリントアウトしご理解され署名の上、当日受付に必ず提出してください。引き換えにブルべカードをお渡しします。提出されない方は参加をお断りします。事前にご自身で車検をされたことを宣誓書に記録してください。

詳細についてはAudax JapanのWeb:http://www.audax-japan.org/をご覧ください。

参加申込時の注意

◆ 各BRMの参加申し込みは、入力する姓、名を毎回、同一のものを入力するよう気をつけてください。異なっていると、異なった個人の認定と判断され、SRの申請やPBPのエントリーの際に支障をきたすことになります。
◆ 特にローマ字の入力の際に記法を統一して下さい。表記自体はヘボン式、訓令式、その他いずれでも構いませんが、人毎に統一した表記にして下さい(いけない例:Otuka、Ootuka、Ohtuka、Ohtsuka…等の表記が統一していない)。入力の際には、必ず「半角英数」で入力してください。「全角英数」は日本語のコードとなりますので、フランスでは確実には対応できません。
◆ お名前は申し込み時に記入された通りに、認定受託窓口は認定申請の事務処理を行います。誤りがあっても訂正しませんのでご注意ください。
◆ R東京はスポーツエントリーを使用しません、各BRMのエントリーフォームからエントリーして下さい。またBRM参加者への印刷物の郵送はありません。
◆ 参加者へは各認定受託窓口の判断でメールを送信することもあります、ご了承ください。
◆ 2014年以降のAJ会員番号をお持ちの方は、エントリー時に間違えずに記入ください。

BRM参加までのフロー

参加申し込みはランドヌ東京 Webサイトから行えます → 詳細はこちら

  1.  AJに登録する(任意) AJのHPをご覧ください。
  2. 【期日までに】HPサイト内参加申し込みページのエントリーフォームから申し込む
  3. 【BRM2週間前】HPサイト内のBRMページに、事前配布資料が公開される(各自ダウンロード)
  4. エントリーリストが公開されたら自分の登録内容に間違いがないか確認をする。もし間違いがある場合にはお問い合わせページからその旨を報告する。
  5. 【当日】スタート受付で宣誓書を提出しブルベカードを受け取り、ブリーフィングを受けた後、車検とサインを受け出走
  6. 【完走後】ゴール受付でブルベカードにサインし、認定受託窓口に渡す(メダル希望者は1000円札必要)
    ※2016年より原則、メダルの受け渡しはゴール受付にて行う。
  7. 【数日後】BRM終了後、数日以内に速報をリザルトページにアップするので、参加者は認定内容に間違いがない事を確認する。間違いがあった場合、大至急お問い合わせページからその旨を報告すること。
  8. 【2週間後】認定番号を含む正式リザルトがリザルトページにアップされる。
  9. 【1-2ヶ月後】ACPの認定を受けたブルベカードが返却される。ただし、開催されるBRMによってブルベカードを送付時期は異なる場合がある。

komoro200_2

Comments are closed.