2023年1月以降のランドヌ東京のBRM運用について

はじめに

先月お知らせしました通り、2023年1月以降のBRMは出走時間を固定し、従来(N2BRM以前)の方式で実施します。車検等のスタート手続きは対面で行いますが、感染症拡大防止のため、極力接触のない形で実施します。

以下、ご確認ください。

変わること – 1

  • スタート、ゴールの日時が固定となります。
  • 車検は対面で行います。
  • 車検完了後、出走者はスタッフが持つスタートサインを撮影し、Bフォーム(後述)に登録することで出走可能となります。

変わること – 2

  • ブルベカードを予め各自で印刷し、当日持参していただくことになります(A4で印刷できるフォーマットを予定しています)→フォトチェックフレームは廃止となります。
  • 各入力をBフォームというGoogleフォームを使って行います。→リモートブルベカードは廃止となります。
  • 従来のブルベカードは、認定カードという名称に変わります。→認定確定後、認定シールを貼り付けて、郵送します(従来通り)。

エントリー確定後からゴール受付までの流れ

以下、順を追ってご説明します。

1. エントリー完了後

  • エントリー代振込が確認されると、出走案内のページへアクセスすることができます。
  • 出走案内は随時更新されますので、適宜確認してください(キューシート、ブルベカードBフォームの公開もこちらで行われます)。

2. 出走前日まで

  • ブルベカードを印刷しておいてください。走行中もこのカードを携行していただきます。
  • DNS(出走とりやめ)となる場合は、かならずBフォームへの入力をお願いします。

3. スタート前日

  • Bフォームの「出走受付」にて装備等のセルフチェックを行って下さい。

4. スタート当日 〜 スタートまで

  • 従来の対面による受付はありません。
  • 対面でのブリーフィングは行いません(出走案内に掲示されます)。
  • 出走時刻の30分くらい前から車検(対面)を開始します。
  • 車検が済んだら、担当スタッフが持つスタートサインとスタッフを、ワンフレームに収まるように出走者が撮影し、その写真をBフォームのスタート証憑として登録することで出走可能となります。
  • 出走時刻から30分経過後、スタッフは撤収します。以降はDNSとなります。

5. 走行中

  • 出走後、DNFとなった場合は、Bフォームで連絡してください。
  • それ以外の場面では、ゴール到達までBフォームは使用しません。
  • PC、通過チェック、ともに、従来(N2BRM)と同じです。
  • 目標物の通過チェックはブルベカードと一緒に写真を撮ってください(証憑にレシートが要求されている場合は、レシートのみの写真で構いません)。

6. ゴール受付

  • ゴール後、完走認定の申請を行っていただきます。
  • 要領は従来(N2BRM)と同じです。各証憑をBフォームに登録してください。
  • 完走認定の申請の締め切りは、ゴールクローズから6時間以内です。
  • 認定メダルを希望する方は、このタイミングでメダル代金振込まで済ませましょう。

7. ゴール受付後

  • ゴール受付後1週間程度で暫定リザルトが公開されます(出走案内からリンクが張られるか、リザルトのページに暫定リザルトへのリンクが表示されます)。
  • 暫定リザルトを確認し、異議がある場合は、BRMの連絡先として出走者に配布されているメールアドレスへ連絡してください。
  • リザルトが確定し、ACPからの認定番号が発行された後、認定カード(希望者には+メダル)を郵送します(送付時期はメダルの在庫によります)。